視力低下の原因とは・・?




近視とは・・?

近視は、焦点が網膜の手前で合ってしまうことにより遠くのものが
見えづらくなる症状です。

要因としては、角膜の角度や眼球の形状など、遺伝的要素も大きいものの、環境的な要因など後天的な要素も助長することで近視になると考えられています。

<視力超音波治療器>

近くは見えるんだけど、遠くはなぜ見えないのか?については、
眼球の中の水晶体による屈折率の調整が起因しています。近くのものについては目の筋肉が水晶体の屈折率を調整してくれるものの、遠くのものについては調整がうまくできないためにぼやけて見えてしまいます。

角膜に入る光の屈折率を調整して、うまく網膜に像を合わせるものが
メガネ、コンタクトレンズです。

最近では、レーシック治療、オルソケラトロジーといった医療技術の進歩により有効な治療法が一般的になりつつある現状です。
posted by shiryoku at 20:15 | 視力回復法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。